お茶のカテキン作用

奈良県立医科大学(同県橿原市)は27日、新型コロナウイルスが市販のお茶によって無害化する効果を確認したようです。

基礎研究段階で人での効果は未確認とのことですが、試験管内でウイルスが1分間お茶に触れることで最大99%が感染力を失っているとのことで、感染対策の一つとして期待しているようです。

商品により効果に差があり、メーカーの許可を得て商品名の公表を検討するとしているようです。

実験は同大の矢野寿一教授(微生物感染症学)の研究チームが実施した研究内容です。

実験ではペットボトル入りの緑茶や紅茶など約10商品を使用しており、

試験管内でウイルスとお茶を混ぜ、経過時間ごとの感染力を持ったウイルスの量を検査したとのことです。

最も効果が高かったのは茶葉から淹(い)れた紅茶で、感染力のあるウイルスは1分間で100分の1、10分間で千分の1以下にまで減少したもよう。

矢野教授は、人への効果について「可能性の段階」とした上で、「インフルエンザでカテキンの効果は確認されており、お茶を飲むことで同じような効果が期待される」とのことです。

矢野教授によると、カテキンはインフルエンザウイルスなどの表面にある突起状のタンパク質に付着し、感染力をなくすことが確認されており、新型コロナでも同様の効果が推測とのことです。

人による研究ではなく、試験管内のものなのでその後の研究が望まれますが、

インフルエンザの時期もありますし、お茶によるうがいはいいかもしれませんね。

某歯科医師による、未承認医薬品の洗口液ではなく、安価で効果が確実なものなので、試してみる価値は高そうですね。

ちなみに、院長は以前からお茶による洗口は行っています。

生まれてからインフルエンザにもかかっていないようです。(毎年インフルエンザワクチンの接種はしています)

関連記事

営業時間 9:00~12:00
14:00~19:00
土曜午後は14:00~17:00
電話 028-612-8660
休診日 木曜、日曜、祝日
※祝日の週の木曜日は診療
所在地 〒321-0156
栃木県宇都宮市兵庫塚町9-1
プレステージみどり野1F
アクセス JR雀宮駅・東武西川田駅より
バス「みどりの一丁目北」下車 徒歩1分
アクセス詳細

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP