症例紹介

インプラント治療、全顎治療

歯は、再生しない器官の一つです。

ですので、虫歯の治療は義手義足と同様に

自分の体ではなくなってしまいます。

加療をすればするほど、自身の歯が少なくなります。

といって、放ってしまうと進行してしまいます。

抜くのが怖いから、歯医者が怖いから治療から遠のいてしまうと

虫歯で歯がなくなるだけでなく、歯を支える骨までなくなることがあります。

歯を支える骨がなくとも入れ歯にすればいいと思いますよね。

しかしながら、骨が少なくなると土台となる土手がなくなってしまうので、

外れやすい、食べにくい喋りにくいといったことが出てしまうことがあります。

歯医者が嫌いな方ほど、定期検診で歯科医院に行ってください。

そのほうが、しんどい思いをしなくて済みます。

痛くなるまで待つと、治療期間がかかったり麻酔が効かず痛い思いをされることがあります。

痛みがなくても、歯医者に行かれることをおすすめします。

不要不急なことは避けるようにといわれておりますが、歯科治療は不要な治療ではありません。

不急の治療はあるかもしれませんが、そのまま放ってしまうと、

痛みが出て急を要する治療になってしまうかもしれませんよ。

下記の方は、40代の方なのでかなり若くして歯周病や虫歯の進行が認められます。

下記は、歯周病の治療とインプラント治療を併用し全体的に治療を行った後です。

治療をしたらもうこれで終わりではありません。

この状態を維持するには、定期検診と言われるメインテナンスが最も重要になります。

悪くなってから来られると、以前より状態が悪くなってることもあるので

長期治療がかかることもあり、また、同様の治療を行う場合でもさらに費用がかさんでしまうこともあります。

治療をされたら、定期検診を受けましょうね。

 

関連記事

PAGE TOP