症例紹介

インプラント矯正

歯を抜いたままほうっておいてませんか?

抜いたままほうっておくと、歯並びやかみ合わせが悪くなってしまうことがあります。

奥歯の歯を抜いたままにしたことによって、歯が倒れてしまい被せることが困難になり

虫歯菌や歯周病菌の温床になることもあります。

その際に行う治療として、インプラント矯正というものがあります。

通常の矯正ですと、大掛かりな装置になり一本の歯を動かすのでも

全部の歯に装置をつける必要になることがあります。

最もいいのは、歯を抜いたら放置しないで治療をすることをおすすめします。

入れ歯なり被せものなり、何かしらの処置をすることをおすすめします。

もし、治療したあと放っておいてはいませんか?

そのような方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

歯を抜いたあと、かみ合わせが悪くなった場合は、

全体矯正ですと時間がかかり費用もかさんでしまうことがあります。

条件によっては、小さなインプラントを使用しゴムを使用して矯正する方法もあります。

歯を抜いたまま放っておいた方は痛みがなくても診てもらったほうがいいかもしれませんね。

 

関連記事

PAGE TOP