症例紹介

歯周病と噛む力

宇都宮の歯医者 山之内です。

歯周病は、感染症と言われています。

歯周病菌がいなければ、歯周病にならないと言われています。

ただし、お口の中を無菌状態にすることはできません。

口は、常に外部にさらされていますし

食べず、飲まず、話さず、息をしない状態であれば可能かもしれませんが

現実的ではありませんね。

歯周病に直接的関与はないが、増悪させる因子として

咬合圧(噛む力)によるものがあります。

噛む力により、歯の動揺を増大させ歯周組織にダメージを与えることがあります。

無意識のことが多く、食いしばりがある方は、意識して食いしばらないようにしないとしてしまうことがあります。

基本的に、上下の歯は食べるときや飲む時以外は接触しないようにできています。

これを読んでいる時に上下の歯が接触していたら、上下の歯を離してくださいね。

ひどくなると、歯が削れたり、顎が痛くなったりしますのでご注意ください。

 

関連記事はまだありません。

PAGE TOP