症例紹介

歯周病になられた方の矯正

 

矯正治療というと、

高い、

治療期間が長い、

痛い

など負のイメージをされる方が多い方思います。

事実、歯科治療の中では、治療期間が長く、保険治療より高く、何もしないよりは痛みがあると思います。

歯並びが悪いことによって、虫歯になりやすく、歯周病にもなりやすいと言われています。

悪くなってから治療すると、治療期間もかかります。

だたし、悪くなってからと言ってあきらめないでください。

状況により矯正ができることがあります。

今回の症例は、部分矯正で行っていますが全体矯正もすることができます。

矯正治療でも、歯周病になられてしまうと

歯を支えている骨は、元に戻りません。

隙間が気になる方は、本症例では被せものか詰め物で歯の形態を変える方がいいかもしれません。

但し、歯周病になってしまうと矯正しても隙間が空いて

その間を埋めるために詰め物や被せものをする羽目になりますので

気をつけてくださいね。

歯を削って内側に入れても限界があるのでよく相談してください。

治療前

部分矯正中

治療終了後

 

 

 

関連記事

PAGE TOP