症例紹介

歯周病患者 上の前歯の矯正

歯周病になられた方は、歯を支える骨が少なくなっているため

歯が動きやすくなっています。

痛みがないからといって、放っておいてしまうと

さらに進行して抜歯になることもあります。

歯周病の治療の一つとして矯正治療も挙げられます。

歯を動かすことにより、歯を支える骨の欠損部分を小さくさせたり

引っ張り出したりすることにより、骨の形態を改善させることもあります。

下記の症例は、

教科書的には、歯周治療で炎症の改善後、

全顎矯正を行いかみ合わせを安定させた後

歯周組織再生治療を行うことになるでしょう。

人それぞれ、ライフスタイルが異なるので

一概にすべての治療を行うことができないこともあります。

患者さんとの相談の上、最小限の治療で最大の効果が出るように考えていきます。

治療は、すぺて同じ効果が出るとは限りません。

同様な条件でも、差が出ることがあります。

担当医とよく相談の上決めましょう。

 

関連記事

PAGE TOP