症例紹介

歯周病治療 歯石除去

歯周病治療といえば、まずこれをイメージすると思います。

しかしながら、歯石を除去すれば歯周病が治るわけではありません。

では、なんで歯石を取るのでしょうか?

歯石の表面はザラついているため汚れがつきやすく、

常にプラーク(細菌のかたまり)で覆われてしまいます。

歯周ポケットに入り込んでいる歯石は、常に歯肉の内側にプラークが直接触れている状態なので、

歯肉は炎症を起こし、赤く腫れ、出血もします。さらに歯を支えている骨まで、破壊されます。

ちなみに、歯石だけをとってくださいという場合は、自費になる可能性があるので気をつけてください。

血液検査やレントゲンなどの検査を行わないで、病気を特定しないと思います。

歯石除去の利点は、

歯石を取り除くことで、お口の環境が改善されるので歯周病を防ぐことができます。

歯垢や歯石などを取り除いて綺麗にすることで、歯肉の炎症を防ぐことができます。

はやめに治療を行うようにしましょう。

歯石除去の欠点は、

治療中は、痛みがやや伴うかもしれません。

治療後しみるなどの症状が出るときがあります。

だだし、しみる、痛むかもしれないからと言って歯周病の治療していないと歯周病が進行して

もっと痛い治療や治療回数の増加、最悪抜歯になる可能性もあります。

症状がないとあまり行きたくないところですが、

お口の健康のために行ってみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

PAGE TOP