症例紹介

八重歯の部分矯正

右上に見える八重歯が気になることでこられた方です。

中には、八重歯を抜いてしまうなんて方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、今回の場合は左に見えている八重歯のしたの歯は乳歯なのです。

乳歯ですから、歯も小さく非常に脆い状態なので長持ちはしません。

この症例では、乳歯を抜いてそこに八重歯を持ってくるほうがいいと考えられます。

上の歯並びのみの希望でしたので、かみ合わせの関係上これ以上内側には入れることはできませんでした。

個人差はありますが、矯正期間は12ヶ月ほどでした。

部分矯正には、メリットもありますがこれ以上改善するには全顎矯正が必要になる症例です。

ここだけが気になるという場合に適しているかもしれませんね。

気になる方は、担当の先生に聞いてみてくださいね。

関連記事

PAGE TOP