栃木県歯科医師会 審美と清掃性を考慮した歯周病治療

宇都宮の歯周病専門医 山之内です。

本来であれば、講堂で講演する予定でした。

今回の内容は、歯周病治療の歯肉移植についての研修です。

緊急事態宣言下の為、ズームでの講演となりました。

入るのに、ファックスでのパスワードが必要で時間通りに入れず手こずってしまいました。

今回の講演内容は、歯肉移植についての内容でした。

歯肉移植というのは、上の裏側から歯肉を採り目的の歯肉に移植する方法です。

歯肉移植には、歯肉が後退して歯の根が露出してしまったところに、

別の部分の歯肉を移植して縫合する方法と、

  ⇒  

歯肉が薄くなっているところにボリュームを作るためや付着歯肉という固い歯肉を作るために

行う歯肉移植などもあります。

歯周病が進行してしまうと、付着歯肉という固い歯肉が少なくなり、

歯ブラシするのが非常に困難になります。

また、歯肉が薄いため、常に刺激が与えられて歯肉が下がってしまうこともあります。

歯茎の再生治療は、いずれの方法も外科的な処置を行います。

治療した部分のほか、移植する歯肉を採取した部分にも痛みが出るといったデメリットもあります。

そのため、患者さんの負担が大きい点に注意が必要です。

治療直後に歯茎が開いてしまうと出血するリスクがある

また、歯周病の進行度など患者さんそれぞれの症状によって、

歯茎をどの程度まで再生させられるかは異なります。

そのため、必ずしも希望した位置まで歯茎を再生できるわけではありません。

必要があれば何回も移植する必要もあります。

歯周病が進行すると歯と歯の間に隙間が空いてしまうことが良くあります。

その際の治療法として、

〇歯と歯の間を削り矯正して隙間を埋めてしまう方法

〇詰め物や被せ物で歯の形態を変えて間を埋める方法

〇歯肉を移植して埋める方法などがあります。

実際は、上記3つの方法を混合させ行うことがほとんどで、

どれか一つ行うと改善することはできますが、

理由としては、歯と歯の間の歯肉の下がるのは、歯を支えている骨がなくなっているため

足したとしても、再度下がってしまうからです。

回復したとしても、環境が悪くなってしまうと元に戻ったり悪化する可能性もあります。

そのため、健康な状態から悪化させないように予防することをお勧めします。

また、なってしまったら、進行しないようにお口の中の清掃と定期健診をお勧めします。

歯肉移植で現在最もポピュラーで負担がかからない方法として、

歯肉移植の方法が変わってきています。

エンベロープテクニックと言って

歯肉全体を切開するのではなく、

一部をくりぬいてポケット状にして、歯肉を中に入れる方法です。

中には、骨補填材や再生治療剤を併用して行うことがあります。

これは、お金と時間があり、痛みに対して強い方ならばいいのかもしれません。

インプラント治療を行ったことがある方は、歯肉の下がりは起きやすいといわれています。

天然の歯であれば、生体の防御機構があり細菌や外傷に対して防御しているのですが、

インプラントの場合は、骨に直接埋まっているため、歯肉の下がすぐ骨になっています。

細菌や外傷に対して弱い傾向があるのでより気を付けなければいけません。

治療を行う際は、担当医とよく相談の上決めましょう。

 

歯肉移植について気になる方は、下記をクリックしてください。

歯肉移植

 

 

当医院のご感想・ご意見、あなたが受けた治療のことなど

ぜひ、やまのうち歯科医院ホスピタリティ向上のため投稿お願いします!

投稿方法⇩

  

        

 

関連記事

営業時間 9:00~12:00
14:00~19:00
土曜午後は14:00~17:00
電話 028-612-8660
休診日 木曜、日曜、祝日
※祝日の週の木曜日は診療
所在地 〒321-0156
栃木県宇都宮市兵庫塚町9-1
プレステージみどり野1F
アクセス JR雀宮駅・東武西川田駅より
バス「みどりの一丁目北」下車 徒歩1分
アクセス詳細

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP