歯科Q&A 虫歯は遺伝?それとも……

 宇都宮市兵庫塚町の歯医者 やまのうち歯科医院の山之内です。

両親、両祖父母みんな入れ歯だから、虫歯になりやすい家系。

と思われた方や言ったことがある方はいらっしゃいませんか?

家族に虫歯が多いから、遺伝で歯の質がって同じだから仕方がないとあきらめてはいませんか?

実は、「むし歯はうつる」ということをご存知でしょうか?

正確にいうと、

むし歯がうつるのではなく、むし歯菌」がうつります。

むし歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しません。

しかし、家族の口から「だ液」を介してうつります。

では、「どんなとき」にうつるのでしょうか?

むし歯菌はだ液に含まれるため、

〇スプーンや箸など食器の共有

〇食べ物の口移し

〇熱い食べものをフーフー冷ます

などによって感染します。

以上のことを行ってはいけないというわけではありません。

お子さんの情動の発達には、スキンシップは大切なものになります。

しかしながら、

下記のグラフからわかるように、

母親に虫歯があると、虫歯がある子は

母親に虫歯がない方に比べて3倍以上虫歯がある子がいるというデータがあります。

したがって、お子様の歯が生える前に、虫歯をなくしてきれいな歯にしましょう。

妊娠中に増えるむし歯

お父さんお母さんのお口の中にむし歯菌が多いと、お子さんへの感染リスクも上がります。

特にお母さんに虫歯菌が多いと、よりリスクが高くなるといわれています。

大切な赤ちゃんの歯を感染から守るためにも、親御さんのお口のケアは大切です。

 

お母さんの場合は妊娠中のつわりで食生活が乱れやすく、口内環境が乱れがちになります。

この時期は、むし歯や歯周病になりやすいので、いつも以上に入念なケアを心がけてください。

ブラッシングができない時でも、洗口剤でゆすぐだけでも改善すると言われています。

以上を踏まえて考えると

妊娠する前に、虫歯と歯周病の治療を行い予防することが大切です。

マタニティ歯科外来なんて歯科病院もあるので、妊娠中のお口のケアがどれだけ重要かが分かりますね。

そして、安定期に入ったら歯のクリーニングを行い、虫歯がなくとも予防していきましょう。

さらに、お子さんの歯が生える前に、ご家族の歯を治療して虫歯の菌を少なくしましょう

虫歯だからといてあきらめないで環境を作ることが大切になります。

この原因について、

妊娠や出産のプロセスに伴い、ホルモンや口の中の細菌のバランスが変化し、

免疫力が低下することで、う蝕になりやすかったり、歯周組織の破壊が起こりやすくなります。

妊娠ごとにそれが繰り返されることで歯の喪失に至るリスクが高まると考えられると言われています。

また、

妊婦の半数以上が歯科治療を避ける傾向があり、妊娠中に歯が悪くなることは仕方がないと考えている傾向があるともいわれています。

妊娠や出産による歯の健康の悪化を防ぐためには、

妊婦の方に対し、虫歯や歯周病予防を積極的に啓蒙する必要があります。

そのため、

やまのうち歯科医院は、虫歯や歯周病にさせないよう、予防にとても力を入れています。

それは、わたしたちは歯科医療従事者は、

一度虫歯になってしまったり歯周病が進行してしまうと、

二度と同じ状態に戻すことができない、ということを知っているからです。

妊娠可能な時期になりましたら、

痛みがなくともかかりつけ歯医者を見つけ、歯周病と虫歯予防を行いましょうね。

 

噛むことについて気になる方は下記をクリックしてください。

あなたは何回?

関連記事

営業時間 9:00~12:00
14:00~19:00
土曜午後は14:00~17:00
電話 028-612-8660
休診日 木曜、日曜、祝日
※祝日の週の木曜日は診療
所在地 〒321-0156
栃木県宇都宮市兵庫塚町9-1
プレステージみどり野1F
アクセス JR雀宮駅・東武西川田駅より
バス「みどりの一丁目北」下車 徒歩1分
アクセス詳細

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP