秋季学術にて 入れ歯 部分入れ歯

宇都宮市兵庫塚町の歯医者 やまのうち歯科医院 歯周病専門医の山之内です。

栃木県日本大学歯学部、日本大学松戸市学部合同秋季研修会のお話をしてきます。

今回は、入れ歯についての研修です。

ノンクラスプ義歯については、一時的に使用する分には問題ないといわれています。

では、長期に使用する場合はどうするのでしょう。

長期に使用するノンクラスプ義歯は、内面に金属床といわれる硬い剛体を使用すると問題ないといわれています。

その場合、一部にうたわれているような柔らかいから痛みがないということはなくなってしまいます。

しかしながら、柔らかい義歯を使用すると、負担過重によりあごの骨がやせ細る可能性があるともいわれているので

使用する場合は気を付けたほうがいいかもしれません。

お出かけする際に入れ歯のバネが目立たないので見た目がいいため使用する分にはいいかもしれません。

食事する際は、通常の入れ歯のほうがあごや歯に負担は少ないかもしれません。

長期使用を行うと、実際に顎がやせてしまった症例があるとのことです。

それは、ノンクラスプ義歯によるものなのか、経時的に変化したものかはわかりませんが

顎の骨がやせてしまう傾向があることは間違いないようです。

内面に合成の金属を使用する場合、前述にもあるように特性である柔らかさは消失してしまうので

使いどころに悩むところではあります。

入れ歯専門に行う先生で、柔らかい素材の義歯を勧めている先生は、まだ私はあったことはありません。

ただし、入れ歯のバネにアレルギーを起こしてしまう方がいらっしゃるので

アレルギーがある方にはいいのかもしれません。

入れ歯のことを専門用語で義歯と言います。

義手、義足、義歯と欠損した部位を補うものです。

見た目や材質だけで決めていいものではありません。

担当医と相談して、あなたに合った治療をしてくださいね。

入れ歯は、一本歯がない方から一本も歯がない方まで適応範囲が広い治療法です。

残念ながら歯がなくなった方は、何かしら治療を行わないとほかの歯に負担がかかることもありますので歯科医院に行ってください。

かみ合わせが崩れた状態から治療を行うと、期間もかかりますし金額もかかるかもしれません。

今まで大丈夫だからと言って、これからも大丈夫とは限りません。

痛みが出る前に、お口の状態が悪化する前に診てもらいましょう。

歯の数によって、お口の状態だけでなく脳の働きや足腰の弱さ閉じこもりのなりやすさなど、歯に関係ないこととの関連があります。

子供のうちから虫歯予防を行い、大人になってから歯周病と虫歯の予防を行って、一生ご自分の歯で生活できるようにしましょう。

 

入れ歯についてもう少し知りたい方は下記をクリックしてください。

入れ歯

 

 

 

関連記事

営業時間 9:00~12:00
14:00~19:00
土曜午後は14:00~17:00
電話 028-612-8660
休診日 木曜、日曜、祝日
※祝日の週の木曜日は診療
所在地 〒321-0156
栃木県宇都宮市兵庫塚町9-1
プレステージみどり野1F
アクセス JR雀宮駅・東武西川田駅より
バス「みどりの一丁目北」下車 徒歩1分
アクセス詳細

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP