症例紹介

インプラントの歯周病

宇都宮の歯医者 山之内です。

インプラントとよく聞いたり見たりするけど、どのようなものかわからないことと思います。

インプラントとは、体内に埋め込む医療機器や材料の総称です。

人工股関節や骨折した際の体内固定用のプレート、腰椎、胸椎、頸椎等に使用するものと

幅広く使用されているものです。

一般的には、インプラントは歯科インプラントの意味で用いられます。

インプラント治療はどのような治療なのか、

その中の質問でよく聞かれることの一つは、

インプラントは一生持つのでしょうかという質問です。

答えから言うと、

一生は持ちません。

インプラントは、

インプラント体といわれる、あごの骨にくっついている部分

アバットメントといわれる土台の部分

被せ物にの3つに分かれていることが多いです。

インプラント体と呼ばれる部位は、骨に埋まっているのですが、

虫歯にはならないのですが歯周病にはなってしまいます。

そのため、定期的な検診を行い悪くならないように予防することが必要になります。

とくに、歯がなくなってしまった理由が歯周病であれば、

より気を付ける必要があります。

そして、アバットメントとインプラント体はねじで止めてあり、

過剰な力がかかると、被せ物やねじが欠けたり折れたりすることがあります。

そのため、一生持つとは言えません。

もっとも長持ちするのは、ご自身の天然歯です。

ですので、ご自身の歯を虫歯や歯周病にしないよう

進行する前に、歯医者で予防していきましょう。

 

 

関連記事

PAGE TOP