症例紹介

歯周病治療と歯周病予防

宇都宮の歯医者 山之内です。

歯周病になると歯茎がやせてきます。

さらに、歯周病が進行すると歯を支える骨がやせてきます。

しかも、顎の骨がやせてきても痛みが出ることはあまりありません。

なので、気づかないうちに歯茎がやせてきて気が付いたら抜けてしまった、

なんてことが起こるのです。

そこまで進行していたら気が付くと思われますが、

一年間に1mm痩せるとしても10年で10mmですから

根が短い歯は、これくらいの進行で抜けてしまいます。

一年で1mmの歯周病が進行すると、気が付くことはほとんどありません。

さらに、痛みが少ないのですからなおさら気が付くことが少なくなります。

そして、気が付いた時には手遅れのことが少なくありません。

そのため、患者さんが虫歯やほかの原因で来られても、歯周病の説明をしています。

それでも、やりたくない方はわずかならがいらっしゃいます。

理解しているのであればいいのですが、

何年後かして、『こんなに進行しているとは思わなかった』とおっしゃる方もいらっしゃいます。

余計なお世話かもしれませんが、

手遅れになる前だと比較的短い期間で安定化することが多くあります。

痛みがないから大丈夫は危険なので、痛みが出る前に悪化する前に治療と予防することをお勧めします。

歯周病は痛みがなくても治療しましょうという話でした。

 

関連記事

PAGE TOP