症例紹介

舌磨きを含む歯ブラシが口臭に与える影響

宇都宮兵庫塚町の歯医者 やまのうち歯科医院の山之内です。

今回は口臭について書いていきます。

口臭の主な原因は、歯周ポケットや歯肉の溝、舌背部における最近の蓄積といわれています。

舌には、主に嫌気性菌がおり、口臭の原因である揮発性既往化合物(VSC)の産生をしています。

したがって、舌磨きは口臭軽減に効果的といわれています。

また、VSCの一つであるメチルメルカプタンは、

炎症性サイトカインであるIL-1の分泌を刺激するということが言われ、

歯周病の悪化に関与している可能性が示唆されています。

舌磨きと歯周病とには、直接的な関係はないと思われますが、

口臭との関係は明らかなので、

マスク生活が続いているコロナ化の現在、舌磨きは必須なのかもしれませんね。

ただし、舌磨きのやりすぎると痛くなりますし、ひりひりすることがあるので

優しく軽く行ってくださいね。

上記のグラフで見ると、歯ブラシと舌磨きしたほうが

口臭が減少しているのが分かります。

上記の右2つのグラフは、炎症を起こすサイトカインと呼ばれる物質で

舌ブラシを行うとより著明に減少するとの結果が出ています。

舌ブラシを行うことで、歯周病の予防効果もあるということです。

口臭が気になる方は、ぜひ舌ブラシを試してみてはいかがでしょうか?

 

マスクによってお口の中がどうなっているか知りたい方は下記をクリックしてください。

マスクの中のお口は…?

 

関連記事はまだありません。

PAGE TOP