症例紹介

下の奥歯が欠損した時の治療 インプラント治療

宇都宮兵庫塚町の歯医者 歯周病専門医の山之内です。

今回はインプラント症例について書いていきます。

欧米ではポピュラーな延長ブリッジですが、

食いしばりや歯ぎしりがある方は、

歯が壊れてしまうことがあります。

食文化などやお口の環境によっては、延長ブリッジはとてもいい治療かと思いますが、

合わない方に行うと、残存している歯も壊れてしまうことがあります。

今回は、残存している歯が破折し一部保存ができなくなってしまった方の症例をお話しします。

延長ブリッジの欠点としては、多くの歯を削ってしまうことと、

残っている歯に負担が多くかかってしまうことがあげられます。

外科治療ができない方はインプラントの適応ではありません。

いままで、外科治療を行ったことがありませんとおっしゃる方がおられますが、

抜歯も外科治療です。

歯を抜くことができない方は、かなり少数かと思います。

要注意や休薬が必要な方はいらっしゃいますが、

親知らずの抜歯以外で、入院して歯を抜くことはあまりありません。

今回のケースは、延長ブリッジ装着後5年くらいで、虫歯や歯周病、歯根破折などで

抜歯に至ってしまった症例です。

使用できる部位は、治療しなおして

残念ながら保存が出来なくなった歯は、抜歯を行いインプラント治療を行いました。

患者さんの希望により、入れ歯は一切使用したくないとのことなので、

左側の治療後反対側の治療と別々となりました。

そのため、治療期間が長引いてしまいました。

治療前

治療後

上記の症例は、

奥歯がすべて破折してしまい保存できませんでした。

もちろん、残せるところは保存し、無理な部位は入れ歯かインプラントになります。

ブリッジは、無理な延長ブリッジによって奥歯がすべて破折してしまったので

ブリッジを行うという治療計画は行いません。

入れ歯を入れることを拒否されたのでインプラント治療を行うこととなりました。

本人の希望もあり、

一気にインプラントを入れず、向かって左下を行い

次いで、反対側のインプラントを行う計画になりました。

インプラント埋入時間は、

向かって左の3本埋入は70分程度、

向かって右の2本埋入は60分程度かかり、

どちらも、腫れや痛みはほとんどなかったとのことでしたが、

次の日まで、念のため痛み止めは服用していたそうです。

 

今回行ったインプラントは、

向かって左に3本埋入して、4本被せ物

向かって右に2本埋入して、3本の被せ物を行っています。

本来ならば、同時に埋入もしくは少し時間差で埋入を行うのですが、

前述のように、希望により片側ずつ行っているため、

期間はややかかってしまいました。

下あごなので、埋めてから3か月後に確認し、

型取りを行い片側完成まで5か月かかり、

その後反対側を行い、3か月後に型取り等行いました。

トータル12か月ほどかかり左右完成しました。

かかった費用は、インプラント1本10万円(税込11万円)で5本埋入

被せ物20万円(税込22万円)が7本となりました。

計 190万円(209万円)となりました。

 

インプラント治療の利点として

他の歯を犠牲にして治療する必要がありません

自分の歯と同じように使えます

 

欠点として

外科治療が必要になります

保険治療ではありません

一生持つものではありません

 

インプラント治療は、歯科治療の手技の一つです。

入れ歯でも何でも食べられるとおっしゃる方もたくさんおられます。

あなたに合った治療を選んでください。

 

ほかにもこのような症例もあります。興味がある方は見てくださいね。

多数の歯が欠損している方に行うインプラント治療

関連記事

PAGE TOP