症例紹介

頬側につける被せ物 ラミネートベニア治療

宇都宮市兵庫塚町の歯医者 やまのうち歯科医院の山之内です。

今回は、ラミネートべニア治療にいて書いていきたいとおもいます。

ホワイトニングでも十分に白くならなかった場合、

被せものになるか、ラミネートベニア法という方法になります。

被せものは、かなり歯を削りますので健康な歯であれば極力避けたほうがいいでしょう。

それでも、色を白くしたい場合はラミネートベニアと言って

歯の表面を削り、型を採り、頬側だけつける方法です。

被せものに対して削る量がくすないのが特徴ですが、

健全な歯を削るというデメリットがあり、

かみ合わせによっては適応できない場合もあります。

まだ、以前より少なくなりましたが、被せものより脱離や欠けることが多いことも欠点となります。

ホワイトニングと異なり、歯を削ることなのでよく考えて決めたくださいね。

当たり前のことですが、歯を削ったら元に戻すことはできませんのでご注意ください。

健全な歯の断面図です。

削ったところの断面図です。その際に型を撮ります。

試適して調整を行います。

セットして終了です。

 

上記の治療の利点は、

歯を削るといっても最小限で済み、侵襲が最小で済むことが出来ます

ホワイトニングと異なり、歯の色を自由に変えることが出来ます

痛みはほとんどありません

 

欠点として、

最小と言っても歯を削ることになります

歯ぎしりが強い方は、かけたり取れたりすることがあります

保険治療で行うことが出来ません

 

ラミネートべニアの価格は、1歯5万円(税込5.5万円)になります。

治療順序は、

①歯を削り型を採ります

②適合の確認と色合わせと形態修正を行います

③問題なければ完成で歯に装着します

 

 

 

 

関連記事はまだありません。

PAGE TOP